NEON GENESIS EVANGELION vol.08 |庵野秀明

NEON GENESIS EVANGELION vol.08NEON GENESIS EVANGELION vol.08
出演:
キングレコード
発売日 2003-10-22




台詞のひとつひとつ 2006-04-19
批判激しいラストですが、私はTV版最終回、大好きです!当時中学生でしたが、今でも、台詞のひとつひとつを思い出したりします。毎日生きてる中で、あたり前の様でなかなか気付けない、とても大切なことを言っていると思います。つらい事があると最終回だけひっぱりだして見たりして、自分励ましたりします!
オススメですよ!

大破壊 2005-05-10
衝撃的な終わり方でした。当時たしか中学生だった私はまったく意味が分からなかったように記憶しています。今改めて見てみると、ほんとうに素晴らしいです。意味が当時以上に分かるとかそういうことではなく、その斬新性、もはや斬新という言葉ですらぬるい破壊的な終焉そのものが心地よく感じられました。あまりにもパンクな、アニメーションでありながらその既存に甘んじることを拒んだその姿勢に強烈な表現欲求を感じました。自我内における激烈な反芻の繰り返しこそが、表現を生み出す過程そのものであるのだと思いました。

エヴァに出会い 2005-03-10
この巻に収録された二十六話でエヴァンゲリオンは
一応の終わりを遂げます。
多くの謎が解明されないままですが、
それはそれで良いと私は思います。
エヴァという作品には人の心の何たるか、
自分と他人の存在意味が込められていると思います。
まぁとりあえず私はエヴァが大好きだということです。
まだエヴァを見たことが無い方、途中しか見ていない方には
是非、一話から最後まで通して見てもらいたいです。
物の価値観や世界観がきっと変わります。

感じるままに。 2005-01-14
物語初めから見た人にとっては少しショックなのではないでしょうか。
逆に言えば、劇場版や最終話が話題に挙がって見た人にとって、
物語前半が物足りなかったりするのではないでしょうか。
ハマる→衝撃を受ける(最終話あたり不満)
衝撃を受ける→物語を知りたくなる→ハマる(衝撃的なのがなく不満)
でも、結局良いか悪いかは、
自分の感じたイメージが真実なのでしょう。
思想に依存されるので討論する意味が無いのかなと思います。

劇場初公開から3日以内。渋谷東急で起きた事実。渋谷東急退出時の心の中の問い。証言してお 2004-11-20
 起きた事実。
  上映開始直後、拍手をしていました。
  「エ」 ? 拍手です。たくさんの人が、手をたたいて、すぐ。静かになりました。
 退出時の心の中。
  全員が心の中でそれぞれ自分自身に問いかけた。当然です。
  「あんた『ヴァ』か?」
-------
 第弐拾伍話(love)・第25話(Love)・最終話(care)・第26話(need)の順で収録されたDVDを持っています。「倉庫」から取り出して今夜久しぶりに問いかけてみたいと思います。
 目指す結論は、「Lovelove」=「need care」
 目指す和訳は…「優しさを要するラブラブなひと つ」(無言)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34675045

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。