エヴァンゲリオン 弐号機 |

エヴァンゲリオン 弐号機エヴァンゲリオン 弐号機



有機体としての存在 2004-10-14
エヴァンゲリオンには柔らかいというイメージが取り巻いている。造形上硬くなければならないのだろうけれど、アニメのイメージはあくまでも有機体としての存在だろう。弐号機は徹底していじめ抜かれたと言うイメージがあるだけに気になってしまう。これは教育に用いるべきものではなく、あくまでもマニアのコレクションだと思うけれども、じっくりと眺めることの大切さを教えてくれる存在です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34601786

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。