超合金魂 エヴァンゲリオン零号機 GX-17 |

超合金魂 エヴァンゲリオン零号機 GX-17超合金魂 エヴァンゲリオン零号機 GX-17



超合金魂 零号機 2004-10-12
零号機”改”を手にしてみると、イエローカラーの初期タイプが色褪せて見えるのは否めない。塗装もベタ塗りの印象が強く、ブラック、イエローのカラーが共に、表層的な見栄えに走ってしまったような印象を持った。しかし、この零号機の売りは”別なところにある”という事は、付属されるオプションパーツのシールドとロングレンジタイプのポジトロンライフルを目にすれば大方の人は察しがつくだろう。エヴァファンにとっても思い出に残る、第6話「決戦、第3新東京市」の名シーン「ヤシマ作戦」を再現するためには、ブルーの機体では成立しないのだ。多くの人が思い入れの強い作品だけに、ファンに支えられてラインナップを充実できる強みが表れた結果ともいえる。


さらに詳しい情報はコチラ≫


エヴァンゲリオン量産機 羽付 |

エヴァンゲリオン量産機 羽付



かっこいい! 2005-08-25
いろんな箇所が動きます!
その分バランスがとりにくいような気がしました。
でも飾ってるだけなら全然OKです!


さらに詳しい情報はコチラ≫


エヴァンゲリオン 弐号機 |

エヴァンゲリオン 弐号機エヴァンゲリオン 弐号機



有機体としての存在 2004-10-14
エヴァンゲリオンには柔らかいというイメージが取り巻いている。造形上硬くなければならないのだろうけれど、アニメのイメージはあくまでも有機体としての存在だろう。弐号機は徹底していじめ抜かれたと言うイメージがあるだけに気になってしまう。これは教育に用いるべきものではなく、あくまでもマニアのコレクションだと思うけれども、じっくりと眺めることの大切さを教えてくれる存在です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


エヴァンゲリオン 300ピース 放課後のレイ |

300ピース 放課後のレイ300ピース 放課後のレイ


人類補完計画など、作品中ではその全貌や実体が明らかにされない数々の伏線を散りばめたストーリー、生物学・心理学・宗教関係の専門用語を多用したつくりはSFファンを中心に人気を集め、最終話に向けて視聴者の期待は盛り上がったが、制作が間に合わなくなり[1]第弐拾五話と最終話の2話は一転、それまでのストーリーとは断絶した主人公の内面世界の物語として描かれた。エピローグについてはファンの間で激しく賛否両論の物議を醸したが、その結果としてアニメファン以外にまで認知され、むしろ人気は拡大していったといえる。

さらに詳しい情報はコチラ≫

超合金魂 GX-14 エヴァンゲリオン初号機 |

超合金魂 GX-14 エヴァンゲリオン初号機超合金魂 GX-14 エヴァンゲリオン初号機


超合金魂 第14弾はエヴァンゲリオン初号機ロボットとしてのエヴァを追求した立体モデルとして登場。プログナイフ収納、エントリープラグの発射等、トイとしての魅力を盛り込んだ「超合金のエヴァ」。オプション装備多数付属。


関節が…。 2006-09-02
店頭で見かけて手頃な価格でもあったので購入してみたがリボルシリーズよりヘボイのでガッカリ!関節がへたり過ぎ!!塗装は色が原作と違い違和感あるし…。昔の壽屋や海洋堂のガレキの方がマシだよ。まぁ、付属品に救われたかな(泣)


さらに詳しい情報はコチラ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。